ネット広告とは。各ネット広告の比較と活用方法

ネット広告とは ネット広告の比較と活用方法

ネット広告は主にGoogleAdWords(グーグルアドワーズ)広告 yahooヤフーリスティング広告
この2つが広く認知されたネット広告だと思います。
このほかに、最近シェアを伸ばしているfacebookフェイスブック広告
また、特に表示回数が多いFC2テキストアドやマイクロアドなども効果の高いネット広告といえます。
取り扱うサービスや商品によって伝えたい相手も変わりますので
それぞれのネット広告の特徴を把握する事で、より効果的にネット広告を運用しましょう。

ネット広告の比較

各ネット広告は基本的にテキスト文章による広告となります。
バナーを表示させる広告は基本的にグーグルだけです。
※膨大な予算を掛ければヤフー、bingなどあります。
良く見かけるバナー広告を出したい場合は、グーグルアドワーズ(Google AdWords)広告となります。

各ネット広告のターゲット設定可否、地域設定の可否、コンバージョン測定、リマーケティング、広告審査、各項目の比較表

簡単な表ですが、ネット広告を選ぶ際にご活用ください。

ヤフー広告とグーグル広告のユーザー層比較

この2つの広告は、それぞれ細かい設定が可能で、狙ったターゲットへ確実に広告を表示させる事が出来ます。
この前提はもちろんですが、ユーザー層に本質的な違いがあります。
これはインターネットの使い方の違いです。
現在はヤフーもグーグルの検索エンジンを使っているため違いはありませんが
過去、グーグル検索はデータ量が多いため、かなり細かい情報も調べる事が出来ました。
インターネットで、より細かい情報を得ようとするユーザーはグーグル検索を使用します。
一方で、ネット初心者や、たまにネットで調べ物をするライトユーザーはヤフーサーチを使い続けています。
このユーザー層の違いを広告の視点から見ますと
ヤフー検索ユーザーは多くの情報を集めません。
グーグル検索ユーザーは多くの情報を集めた上で、それぞれを吟味します。
他でも同じような商品を販売しているようなショップですと・・・
また、ヤフー広告で使う広告文章に専門用語を使う事はお薦めしません。

ここまで突き詰めると、狙うキーワードも変わって来ます。
グーグル検索ネットワークで狙うキーワードは、ズバリ自社のサービスや商品を欲しいお客様が使用するキーワードを厳選するべきです。
逆にヤフースポンサードサーチで狙うキーワードは、その一歩手前の段階
『○○ 料金』など、比較段階のお客様へアプローチすると広告の反応が変わります。

>お問い合わせはこちらから

ネット広告の料金比較

ヤフー広告、グーグル広告は入札方式でクリック単価が決まります。
それぞれの単価を確認して比較なさって下さい。
1日の総額予算を設定できますので(1日100円から)ここで予算を設定しましょう。
FC2テキストアドは1クリック20円で固定です。
入金は1万円づつの設定になっており、500クリックを購入する事になります。
1日あたりの予算設定はできません。
フェイスブック広告に関しては、1クリック約70円〜130円程度で広告が出せます。
1日の予算も設定する事ができます。
フェイスブック広告は予算の前払いができません。
毎日請求が来ますので、基本的にクレジットカード決済となります。

各種ネット広告の特徴

・グーグルアドワーズ広告(Google AdWords)についてはグーグル広告を参照ください。
・ヤフーリスティング広告についてはヤフー広告を参照ください。
・フェイスブック広告についてはフェイスブック広告を参照ください。
・FC2テキストアド広告についてはFC2テキストアド広告を参照ください。

>お問い合わせはこちらから

SITE MENU

google+1

facebook

ネット広告feed

Copyright(C) 東京WEB企画 All Rights Reserved.